top of page

パピプペポは難しいのツアー「STAR」 新宿MARZで繰り広げられた全国ツアーの開幕

『パピプペポは難しい』初の全国ツアー「STAR」が、8/13新宿MARZにてついに開始した。

今回東京公演ツーマンライブに迎えたグループは『Layn』。彼女らの熱演によって幕を上げる。


『Layn』

「ピストルレイン」から始まった『Layn』の可愛らしくも力強いパフォーマンスで、会場は軽快なリズムとともに盛り上がった。

MCでは、二色真鈴が「アイドルになる前からパピムのファン」と告白し、感慨深い瞬間をファンと共有する。


メルヘンな始まり

『Layn』が去った後、ついに『パピプペポは難しい』がステージに上がる。

夏衣装に身を包んだ6人が一曲目に選んだのは「ワンダフル・パレード」。明るいメルヘンな世界観で観客を巻き込む。

続く「ようこそゴーストハウスへ」は対照的にメルヘンかつ恐ろしさのある楽曲。ライブならではのアレンジも加わり、会場はおおいに盛り上がった。

三曲目は明るい曲調の「ホニャララ・アンビシャス」。メンバーのパフォーマンスはもちろん、観客も踊り、楽しむ姿が会場を彩った。

その後「神様の気まぐれ」では格好良くシリアスな歌声が響き渡る。


笑いの絶えないMC

ここで一度目のMCタイムが入り、メンバーは恒例の自己紹介ではカワシマユカとドン・グリが小枝みゆの声真似を披露するなど、

いつも通りの和気あいあいとした雰囲気。

話題はツアー名「STAR」の由来についてに移り、「初めて全国を回るから、宇宙中行くような気持ちで」とカワシマユカが語る。

MCの最後には「盛り上がる曲です!」とのフリから、静かでセンチメンタルな「決まりごと」が始まり、観客の笑いを誘った。


失恋の切なさを歌う「決まりごと」に続き、「パピペポイズンLOVE中毒」複雑な乙女心が歌われる。

アップテンポな楽曲と印象的な振り付けによって、会場は再び熱狂。

定番曲「ラブげっちゅ!-お誕生日のお歌-」では、ファン同士がサビで輪になったり、8月誕生日の観客を思い切り祝うなど、

メンバーとファンが一体となってライブを楽しんでいる様子が見られた。


ライブ後半~熱狂のラストスパート

二回目のMCタイムでツーマンのパートナーである『Layn』を「ほぼ同期!」と好意的に紹介したのち、ライブは後半に突入。

「犬迷惑」では、メンバーの振り付けに合わせて観客がフロアをぐるぐると走り回る。

メンバーの鈴木めがねはなんとステージを飛び降り、観客に混じって一周した。メンバーとファンの距離感の近さ、一体感が現われている。

そしてついに最後の曲。「ち・ちん・ぷい」は、キャッチーなメロディに乗せて可愛らしい恋心を歌い上げる。

この曲は『Layn』の二色真鈴が「一番好きな曲」と言っていた曲でもあり、非常に人気の楽曲だ。

フロアは熱狂的な盛り上がりを見せ、ツアー「STAR」は好調な滑り出しを記録し閉幕。


ツアー「STAR」は始まったばかり。次は9/20神奈川県・横浜7thAvenueで開催される。

そその後、10/8福岡、11/5大阪、12/9仙台、1/20名古屋、2/9千葉と

2023年から2024年と年を跨ぎ、各都市を『パピプペポは難しい』の色で染めるだろう。


また、『パピプペポは難しい』は8/27に新宿MARZにて五周年記念ライブを三部に分けて行う。

同時開催の「memory展」では、MARZ内に過去の写真や衣装などが展示される予定だ。

五周年ライブでは、8/10に発表されたばかりの「独唱コンクール」に収録されたソロ曲も披露予定と、

流星のように邁進していく『パピプペポは難しい』。

是非今後もチェックしてほしい。


9/20 ツアー横浜公演 チケットURL


8/27 5周年ライブ チケットURL

Comentarios


bottom of page